心理カウンセラー松本嵩村

お悩みを抱えている方の味方です。2種類のオンラインカウンセリングをしております。

28話 弱者の戦い方

危機的状況では、どんなに強いものでも弱者を必要とする。

イソップ

 

--------------

 

 

こんばんは、たかむらです!

 

昨日のブログの目標達成のイメージの影響で

もっともっと考えないとなという事を改めて感じます。

これも未来をイメージした事で、

理想と現状のギャップに気づき

成長の為の行動に繋がる事を体感しました!

 

タイトルの通り、

 

弱者の戦い方について深掘りしていきたいと思います!

※来年の1月に焼き鳥屋をフランチャイズ で開業する為。

 

これは、ホテルにいた頃に上司から学んだ

 

ランチェスターの法則で例える弱者の戦い方です!

 

一応情報整理のため、

 

ランチェスターの法則をアウトプットします!

 

これは、1914年にフレデリック ランチェスターという自動車のエンジニアが第一次世界大戦の際に考えた法則です!

 

簡単に言うと

 

接近戦(刀、弓など)と、

広域戦(マシンガンなどの兵器)

では戦い方が違うと言うこと

 

戦闘力を数値化すると

 

接近戦

戦闘力=武器効率✖️兵力数

 

広域戦

戦闘力=武器効率✖️兵力数の二乗

 

になるそうです、

 

これをビジネスに例えると

 

戦闘力(営業力)

武器効率(商品力)

兵力数(販売力)

 

接近戦 弱者の戦い方(市場シェア2位以下)

広域戦 強者の戦い方 (市場シェア1位)

 

という感じです

 

まだ、私がどこの地で焼き鳥居酒屋をやるかは未定ですが、

 

大手ですが、フランチャイズ なので弱者である可能性が高いと思います

※ただし、一応土地の戦略的には駅から離れた所で、競合他社が少ない所を狙っている会社です。

 

まぁ、場所はどこになるかは未定ですが、

 

弱者の戦いについて掘り下げていこうと思います。

 

弱者のマーケティングの戦略としては

一つの分野に特化していくこと

差別化

オリジナリティ

です

 

 

その為、

商品力

販売力

の差別化が必要です!

 

今日はノートには色々考えを書き出したのですが、

ここに入力するのが時間がかかるので、また明日アウトプットします!

 

今は

 

自粛時なので

 

しばらくは、本、ネットで情報を集め

イメージを固めて行きたいと思います!

 

今言えることは、

こうして考える事は楽しい

ということ!

 

良い目標をイメージをして

達成の為、理想と現実とのギャップに気づくという事を身を持って体感したので、

他の目標もどんどん具体化していこうと思います!

 

最後まで見て頂きありがとうございます!

 

そして、今日ランニングした時に見た

満開の桜

 

f:id:takamurablog:20200404013322j:image

 

f:id:takamurablog:20200404013653j:image

 

 

f:id:takamurablog:20200404013659j:image

 

f:id:takamurablog:20200404013715j:image

 

f:id:takamurablog:20200404013728j:image

 

f:id:takamurablog:20200404013800j:image

 

f:id:takamurablog:20200404013810j:image

 

 

おやすみなさい!