心理カウンセラー松本嵩村

お悩みを抱えている方の味方です。2種類のオンラインカウンセリングをしております。

16話 いざ、福島へ

自分に出来る事をやる

想いのままに

悔いなき一日にしたいなら

全てプラスの選択をしよう

全部自分できめること

(私の考え)

――――――――――

 

f:id:takamurablog:20200313032900j:image

 

こんばんわ、たかむらです!

 

想いのままに、友と2人で

 

福島にいってきました。

 

原子力発電所は今、どうなっているのかを自分の目で見る為、

 

そして、見て感じた事を知らない方に伝える為!

 

 

行ってみないと気が付けない事があると思ったので!

 

宇都宮で友と合流し

 

東北道の東に通る、海沿いの高速道路に乗って向かう。

 

茨城を抜けて

 

しばらく進んで

 

福島に入る

 

μシーベルトを示す電光掲示

 

0.1

 

少し進んで

 

0.3

 

そして

1.1ぐらいで

 

富岡町へ着く。

 

綺麗な住宅がならんでいたけど、なにか静か

 

家のガレージに車がない、

 

 

人の気配がない、、

 

 

異変に気が付く。

 

また、住宅が並ぶ道。

 

割れた窓ガラス、

 

壊れた外壁、

 

9年前のままという事に気が付く。

 

ナビに従い第一原子力発電所にむかう。

 

海に近づくに連れて増えていく作業車。

 

通行許可の必要な道が出てくる

 

目的地まで2㎞ぐらいだったかな。

 

危険区域に入り、これ以上進めなくなる。

 

海側のほうに見える発電所

 

今も復興の為に、働く人がいる。

 

防護服を着て

 

不安も絶対にある中、働いている方がいるんだろう

 

第1原子力発電所を後にして

 

第2原子力発電所へ向かう

 

国道6号を走り向かう

 

そこには、色々なお店が並んでいる

 

牛丼のすき家が見えた

 

作業員の方はここで食べているのかと想像する

 

横を通り過ぎたら

 

静かで暗く割れた窓ガラス

 

ここも9年前のままだと気が付く

 

海から離れているのに、

 

海の間に丘があって

 

ここまで津波がきたのかと思ったりもしたけど、

 

津波では無く、地震の被害だと

 

あとから聞いた

 

壊れた

トヨペット

コメリ

地元のパチンコ店

ヤマダ電機

他にもたくさんの眠っている商業施設。

 

そして、東京電力廃炉資料館を過ぎる

 

そこで、この9年間どのようだったかを更に知りたかったけど、

今はコロナ対策で閉館してた

 

海沿いはどんな状況だろうと、気になり

 

南下しながら、左の海沿いの道へ

 

富岡駅があった

 

常磐線?が走っていたけど、

 

人は乗っていない

 

目に入るポスター

 

2020.3.14に運転再開と書いてあった

 

駅の横の小さなお店があって入ってみると、

 

現地の方が働いていた

 

窓際に飾られた、9年前の写真。

 

瓦礫まみれの駅の写真があった

 

他にも津波の恐ろしさを物語る写真の数々

 

店員さんが話しかけてきた。

 

富岡町で盛んなお米でつくった日本酒を紹介してもらった。なんかその時、店員さんである現地のかたは何か誇らしく勇しくみえた

 

色々話が聞きたかったので、

 

質問してみた

 

「いつ、駅は復旧したのですか。」

 

「2017年10月21日にやっと復旧したんだよ」 

 

って言っていた、

 

瞬時にその方から出てきた日付

 

その日を忘れる事はないんだろうと感じた

 

危険区域が解放されて、

 

6、7年かけてやっと復旧したとの事。

 

復旧にむけて沢山の人の手でやっとの想いで再び綺麗な駅が出来たんだなと感じた

 

他にもいろいろ話をしてくれた

 

色々聞かせてもらって

 

そのあと、日本酒を買って

 

富岡駅をあとにした

 

そのあと、漁港もみてきた

 

防潮堤をつくるショベルカーが沢山あった

 

9年たった今も、街を守る為に動いていた。

 

もう、自然の力に負けない様にという

オーラというか、そんな気持ちのようなもの出ているようにも感じた

 

そのあとは慰霊碑を見てきた

 

亡くなった方と行方不明者は1万8428人らしい

 

心より御冥福をお祈り致します

 

f:id:takamurablog:20200313032948j:image

 

色々福島の街並みをみて

 

たくさん感じることがあった。。

 

そして、昼食をとる事にしたんだけど、

 

現地の方から話をもっと聞いてみたかったから、

 

ローカルな食堂を目指してすすんだが、なかなか無かった

 

やっと見つけた温浴施設の中の食事処

 

そこにいた女性と話してみた

 

話しかけた瞬間、やさしい笑顔で僕らの話を聴いてくれた

 

そして、色々また話を聞いた。

 

福島の原発はもう復旧する事無く、廃炉の為、作業をしている事とか

 

息子さんが原発で働いていた事とか

 

色々話してくれました。

 

そして、最後に来てくれてありがとうねと言ってくれた

 

その瞬間、改めて思った

 

自分に出来る事は、この状況を知らない方に知ってもらう事だなと。

 

今もなお、辛い過去をかかえながらも、笑顔で頑張っている方々がいるという事を。

 

だから、今こうして文章にしてる

 

なので、これを読んで頂き、何かを感じてもらいたいとおもってます。

 

また、改めて何か他にも力になりたいと思いながら、

 

その場をあとにしました。

 

最後に、そこにあった温かい笑顔を残したくて写真をとりました。

 

許可も頂いたので、載せさせて頂きます。

 

f:id:takamurablog:20200313033135j:image

 

そして、かえりしなせっかくここまで来たので

 

いわきに泊まる事にしました!

 

夜も素敵な出会いがありました。

 

おいしいご飯を沢山食べました!

 

因みにいわきの名物は、

 

目光(めびかり)

 

という魚だそうです!

 

先日、茨城で初めて目光を食べて

 

めちゃめちゃおいしかったんです!

 

時期によってはお刺身でもたべれるみたいだったのですが、

 

タイミングがあわずたべれませんでしたのでまた食べに行きたい!!

 

そしてたまたま同い年の店長だったんで、

記念に撮りました!

 

35歳かと思ってました笑

 

f:id:takamurablog:20200313033409j:image

 

長くなりましたが、今日はそんな一日でした

 

最後に、

 

繰り返しになりますが、

 

これを見て何かを感じて貰えたら嬉しいです!

 

そして、今日一日を総括して感じた事は

 

ここに書いていない事も出会いもまだあったのですが、

 

福島の方は本当に

 

温かい方ばかりでした!

 

前、岩手や青森にいた時も暖かい方ばかりでした!

 

辛い過去を乗り越えた方からは温かい優しさだったり、一生懸命さみたいなものを非常に感じました!

 

温めてもらったこの気持ちを大切にします!!

 

それでは、明日も朝早いので、寝る事にします!

 

そして、トムありがとな!

 

いつまでも共に、真っ直ぐいこう!

 

俺たちらしく!!

 

最後まで見て頂きありがとうございました!

 

おやすみなさいませ。。

 

お土産達

 

f:id:takamurablog:20200315201458j:image

 

f:id:takamurablog:20200315201504j:image

 

f:id:takamurablog:20200315201535j:image

 

 

SNSの方もフォロー是非お願い致します。

記事をより多くの方に見てもらいたいので、拡散して貰えればうれしいです。

 

instagram:takamura_matsumoto

facebook:松本 嵩村 (まつもと たかむら)

Twitter:@tkmr1111

end